Turbo MH500チップコンベアー

フィルターボックスをヒンジベルト式コンベアーと併用するというLNSの革命的フィルターコンセプトから生まれたTurbo MH500は、500μm対応のフィルターを採用し、さまざまな素材のあらゆる形状のチップの排出用に設計されたコンベアーです。


 

さまざまな形状
さまざまな素材-プラスチック、アルミニウム
500μm以上をろ過

 

このヒンジベルトは通常のヒンジベルトコンベアーと同じ方法で切粉を排出しますが、フィルターボックスを使用しているため、500μmを超える切粉はクーラントタンクに混入しません。 様々な用途やろ過ニーズに対応しながら、必要な床面積を最小化します。

 

保守必要性の低下

最も需要の高い用途のために、フィルターボックスは500μm以下の粒子を取り除いたクーラント液を供給します。このろ過でクーラント液と工具の寿命が延び、稼働コストを削減できます。 各フィルターボックスはコンベアー稼働中に自動洗浄されます。

 

クーラント液ろ過

必要なフィルターボックスの数は機械の流速により異なり、クーラントの流れと最適なろ過が確保されます。

 


Turbo MH500の利点

  • 500μmまでの自浄式濾過
  • どんな形状の切粉にも対応(長い、細かい)
  • 素材を問わず対応
  • 魅力的な価格
  • ほとんどの標準的機械クーラントタンクに適合
  • 堅牢な造り