Turbo MS500チップコンベアー

Turbo MS500は、真鍮、スチール、鋳鉄、アルミニウムなどを含む切粉が中程度から軽いもの向けで、公称500μm以上のクーラントフィルターを採用しています。鋳造部品や鋼片の機械加工で出る切粉の排出に最適です。


 

細かい切粉、さまざまな素材
鋳鉄、真鍮、アルミニウム
500μm以上をろ過

 

 

乾燥切粉廃棄
排出によるクーラント液損失がほとんどないように設計されています。クーラント液損失を減らし、切粉の乾燥度を上げたため、費用効率がよく環境に優しい稼働が可能です。

 

クーラント濾過
各フィルターボックスはコンベア稼働中に自動洗浄されます。必要なフィルターボックスの数は機械の流速により異なり、クーラント液の流れと最適な濾過が確保されます

 

Specifications Turbo MS500チップコンベアー
コンベアフレーム寸法 (mm)
W(幅) 250-500
T(高さ) 130.81
L(脚位置) 356.87